災害に備える

周知のとおり、私たちの住む国は地震が非常に多い国です。島国ながらあらゆるプレートの影響を受けている日本は、その随所で地震を経験しています。

そして近年増加する未曾有の大地震。人々を震撼させた阪神・淡路大震災から20年もたたないうちに起きた東日本大震災。これら予想をはるかに超えた大地震が立て続けに起き、またその間にも新潟などで甚大な被害を受けた地震が起きていることも含めて、日本は安全管理の必要性に迫られています。

その中で、個人での防災対策もさることながら特に重要視されるのが建物の耐震性。建物が容易に崩れてしまえば人は簡単に押しつぶされてしまいます。それを避けるために、今想定できる震度相応、またそれ以上の耐震性を有した建物の建築が課題となっています。

そして、その耐震性を測るために行われる加振器を使用した振動監視は、建物やその他建造物、地盤に至るまで大きな役割を果たします。加振器で地震の揺れを想定した振動を起こし、振動監視を行ってその建物がどのような影響を被るか、加振器での振動監視によって得たデータをどのように活用するかを考えることで、より安全で強い建物が建てられるのです。

地震を想定したあらゆるテストや実験に関して、振動監視の行程と加振器の存在は大きな位置を占めます。

関連リンク

高品質な振動篩機なら|有限会社林製作所

最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    • カテゴリーなし